非正規雇用の今後の制度設計についてーNHKスペシャル若い女性の貧困を視聴してー

若い女性の貧困についての4月27日に放送されたNHKスペシャルを見ました。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0427/

 

この番組については,現状の紹介にとどまっており,

福祉制度の紹介や原因の分析,批判が全くなされていないとの批判が数多くなされているところです。

私からは,労働分野についての視点からコメントをしたいと思います。

今、労働時間や地域を限定した限定正社員制度を導入して、解雇規制を緩めようという動きがあります。また、現行法の解釈でも裁判官が労働法の論点を解説した「労働関係訴訟の実務」(通称白石本)でも、勤務時間が短いという非正規であることに労働者にもメリットがあるとされる「互恵的非正規雇用」については解雇権濫用法理による保護が薄くてよいという意見もだされています。

番組の中でも紹介されているように,短時間の勤務を選ぶという理由は様々です。育児や介護を抱えたくわえを切り崩しながらギリギリの生活をする短時間勤務をするパート労働者やまともな職が見つからないで仕事を掛け持ちするパート労働者も少なくありません。一番保護が必要な最底辺の労働者の保護を切り崩すような主張は許してはなりません。