精神疾患の労災の申請状況や認定率を教えてください。

 

労災の申請や認定の状況については,毎年6月頃に,厚生労働省が前年度分をまとめて発表しています。

平成26年4月30日現在発表されているのは平成24年分までであり,それによると,平成24年度は

 

申請数 1257件(内自殺事案169件)

認定件数 475件(内自殺事案93件)

認定率 39.0パーセント(自殺事案45.8パーセント)

 

となっています。

平成23年までは認定率は30パーセント前後で推移していましたが,

平成23年12月26日に従前の判断指針が廃止され,認定基準が発表されたことにより,認定基準が若干緩和されたことにより,救済が進んだものと思われます。

しかし,そもそも勤労者の精神疾患の有病率は1000万人との推計もあるところです。自殺についても,勤務問題を理由とする自殺が3000人弱とする統計もあり,救済されているのはまだまだ氷山の一角といえます。

 

30代,40代が一番認定件数は多いですが(150件前後),20台も109件と非常に多く,どの世代にも過重労働が蔓延していることが分かります。

また,地域的にも顕著な特徴は見られず,一般的にはのんびりしたイメージがある沖縄県などでも認定されています。

 

認定理由や,労働時間数別の分析についてはこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です