最低賃金を3割上昇させたらどうなるか?

最低賃金を3割アップしたら、吉野家はどうなるか試算してみる。

まず、吉野家のようなファーストフードの人件費率はだいたい20%~25%程度。
吉野家の時給は最賃とは限りませんが、最賃が上がったら仕事がきつい分の上乗せをしなければ人が集まらないでしょうから、人件費は3割はあがるでしょう。

吉野家の牛丼の並が380円で、人件費率が20%とするとこれまでの人件費は一杯当り76円が30%アップして98.8円に上昇します。全額価格に転嫁すると約410円になります。

人間はその構造上食費が多少上がっても、食べる量は変わりません。厳密にいえば、日本にも食費に困る層は存在していて、食料品の値段が上がったので食べる量を抑えてという方は現実にいますが、そのような人はむしろ最低賃金上昇の恩恵を受ける層ですので、影響は相殺されるはずです。

そして、通常の材料費の高騰の影響による値上げ(例えば、コメや牛肉が高騰した)であれば、そばとかハンバーガーとか別の食材がメインのファーストフードに客が逃げるということはあるでしょう。通常の場合、牛丼の30円の値上げというのは壊滅的とはまではいえないでしょうが、私が吉野家の経営者なら真剣に悩む決断です。

しかし、最賃の値上げに伴う値上げの場合には他のファーストフードも同様の値上げをせざるを得ませんので、他の外食との相対比較では競争力は変わりません。他の外食に逃げるという心配はあまりありません。

また、弁当等の中食に逃げるというのも、惣菜の人件費率は30%程度ですし、吉野家の場合コンビニの弁当と価格帯はあまり変わりませんので、中食との比較でも競争力が落ちるわけでもありません。

考えられる消費者の選択肢は自宅での自炊でしょうが、吉野家の牛丼と同じレベルのものを自宅で同じ値段で作るのははっきりいって無理です。また、貧困層でも外に働きに行けば今までよりも稼ぐのがはるかに容易になっている社会でわざわざ数十円の金のために自炊を始める人は無視できる程度の数にしかならないでしょう。

そうすると、吉野家の客数が最低賃金のコスト上昇による値上げによって落ちるということはあまりなさそうです。それ程、大きな混乱なく価格転嫁できるのではないでしょうか。

もっとも、経営者は省力化・効率化によってコストアップを抑えるよう企業努力する結果、雇用が減るのではないかという疑問はあり得ると思います(最賃の反対論の根拠はここにあります。)。しかし、今の牛丼屋って、歩く歩数まで計算して設計して徹底的に効率化が考え抜かれていますので、どこを省力化するというのでしょうか?

敢えて、あげれば食券機の導入ですが、吉野家の場合、食券機をあえて導入しないで接客を大事にするというのをポリシーとしてきました。牛丼の値段はこれまで社会状況の変化で100円以上の幅で上下してきましたが、変化させなかった点です。数十円程度のコストアップで変える可能性は高くないと思われます。