労基法違反で告訴し、記者会見しました。

3年以内に退職したら新入社員研修の費用を支払わせるとの契約を入社後に締結させて、退職後に訴訟提起してきたという事件で、株式会社システムアート及び代表者の砂川昇健らを告訴し、記者会見をしてきました。

研修は基本的に会社の業務に必要だからやるものですし、必要なければやらなければいいのですから、会社が負担するのが筋で労働者に負担を負わせるなど筋違いです。

このような、やり方は労働者の退職の自由を不当に制限するもので、戦前には、売春業者や炭鉱等でのタコ部屋労働で濫用されていました。そのため、戦後にできた労働基準法では損害賠償の予定を定めることは禁止されました。

株式会社システムアートは関連会社が外部向けに提供している同様の研修の3倍もの金額を請求するなど、労働者を搾取する手口は、戦前の女郎屋を彷彿とする手口で極めて悪質なものです。

現在、若者の減少などで、待遇の悪い業界で人で不足感が高まっており、このような違法な囲い込みが頻発しています。当事務所でも、不当な人権侵害のない社会に向けて微力ながらお手伝いしていきたいと思います。

http://mainichi.jp/articles/20151211/ddm/012/040/048000c

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です