昨日、東京弁護士会が、アディーレー法律事務所に対して、2か月間の業務停止としました。

アディーレ法律事務所などの大量に広告を行い、主に個人を相手とした法律事務所(弁護士業界では「カタカナ系事務所」などと呼ばれていました。もとより、カタカナの名称の法律事務所の全てが問題なわけではなく、むしろしっかりとした事件処理をしている事務所がほとんどだと思います。)に関しては、依頼者の意思を十分に確認しない対応をしている、弁護士と連絡がつかないなどの事件処理のずさんさをめぐって苦情があり、かねてから弁護士業界内では問題となっていました。

私はかかる事態をかねてから、憂慮しており、弁護過誤訴訟等を含めて、業界の浄化を勧める活動してまいりました。

今回、業務停止に伴い、アディーレ法律事務所に労働事件を依頼していた方の相談を承っております。

なお、当事務所では、同様の呼びかけをしている事務所のように、アディーレに依頼している事件のみの相談ではなく、ご希望があれば、アディーレ法律事務所等の事件処理の問題点についてご相談を受けております。

なお、当事務所では労働事件の相談は基本的に無料ですが、労働事件の相談を伴わない弁護過誤のみの相談の場合は、30分5000円の相談料を頂戴しております。予約の際の5分程度の電話無料相談で相談料をお願いするかはご案内しております。