昨日、マスコミで報道されていますが、私と伊藤克之弁護士が担当した、神奈川県内で多数の学習塾を展開する株式会社ステップの鴨宮北校の元教室長の精神疾患について、小田原労基署は労災認定しました。

小田原労基署は1か月以上の連続勤務を行っていたとして、労災と認定しました。

ステップは教室長は管理職であるとして(部下と同じコマ数を担当しており、特段の権限もないため、名ばかり管理職であることは明らかでした。)、一切時間管理を行わなず、長時間のサービス残業を労働者に強い、1人でも休むと授業が回らないぎりぎりの人員配置をするため、妹の結婚式すら有給の取得を許さないなど、悪質な労務管理をしてきました。

私は、会社に対する責任追及などを通じて今後もこのような過重労働を撲滅すべく尽力していきます。