勤務時間中のパソコンの業務外の利用を理由とした懲戒解雇された事案で、給料仮払いの仮処分決定を得ておりました。会社側から決定に対する異議が出ていましたが、先日、無事異議を棄却する旨の決定が出ました。

度重なる会社の嫌がらせで、精神疾患を発症していたため、申立まで解雇から既に数年経過していましたが、無事に仮払いを命じる決定が得られました。

精神疾患が絡む労働問題には、単に労災申請以外の多様な労働問題があり、当事務所では労災以外についても多数の経験があります。