退職勧奨はあくまで退職しないかと勧誘するものですので,退職したくなければ,退職するつもりはないとキッパリと断ってください。退職勧奨を断っても執拗に退職勧奨を行った場合には不法行為として違法となり,慰謝料が発生することも有りますので,退職勧奨を断った上で,違法行為であると指摘してください。

もっとも,自分でも今後ちゃんと働き続けられるか不安で,退職した方がよいのではないかと迷っているという方のほうがむしろ一般的だと思います。

業務上の病気で療養中は,業務によって発生したものである以上雇用主が責任を取るべきであるので,解雇や休職期間満了による退職扱いはしてはならないとされています。

従って,会社は解雇はできませんので,ゆっくりと時間を掛けて体調を回復させてから退職するか否かを決めても遅くありません。

労災でない場合も,退職の意思表示をこちらからしてしまえば,退職の条件を争ったりは出来なくなりますので,納得できる条件が提示されていないのであれば,こちらから退職する旨の意思を示してはいけません。まずは,弁護士に相談されることをお勧めします。