残業時間(労災の認定では所定労働時間にかかわらず,1日8時間,週40時間を越える労働を残業時間として計算します)別の認定件数は,毎年厚生労働省が発表しています。

最新の資料である平成25年度の認定状況をみますと

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000049293.html

労働時間の認定がされている334件中20時間未満が89件,20時間以上40時間未満が43件,40時間以上60時間未満31件,60時間以上80時間未満27件,80時間以上100時間未満21件,100時間以上120時間未満46件,120時間以上140時間未満22件,140時間以上160時間未満24件,160時間以上31件と一見長時間労働とそれほど関係なく認定しているように見えます。

しかし,これは統計資料の表示の仕方が不十分であるためそのように見えるだけです。毎年厚生労働省から公表されている資料では,業務外認定事案(不支給事案)の労働時間別の件数は発表されていませんが,平成23年に精神疾患の労災の認定基準の検討会議では業務外認定された事案も提出されています。http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000yc0k-att/2r9852000000yc4m.pdf

 

これによれば,平成21年度は20時間未満で認定されたのは16件ありますが,業務外認定も64件あり,認定率は20パーセント,40時間未満では約18パーセント,60時間未満では25パーセント,80時間未満約53パーセント,100時間未満は約80パーセント,120時間未満は約88パーセント,120時間以上は100パーセントとなっています。

 

このように,少なくとも60時間を越えない事案では,認定を得るのは容易ではない傾向が見られます。