傷病手当金は,業務上の疾病でないことを前提に受給するものです。

業務上として認められたのであれば,傷病手当金を受領する理由はなくなってしまいますので,

過去に受け取った傷病手当金は返還しなければならないことになります。

 

時効などの問題で,実際には労災の業補償給付を受領できていないときにどうなるかについては,こちら