トップページ

 

働くことが原因でうつ病など精神疾患になってしまった人の法律問題について取り扱う弁護士のページです。

労災保険の休業補償を受けて生活費を確保したり,復職や過労やパワハラなどの職場環境の改善についてお悩みの方の相談を受けています。

ますます市場競争が激しくなっている現在,うつ病などのメンタルヘルス問題は, 労働現場における最も身近で深刻な問題となっています。

 精神疾患を抱えている方は, 解雇や休職により 生活費の確保に困ったり,休職からの復職が中々認めてもらえない,退職を強要されるなどの多くの法律問題に直面していますが, 法的なサポートをほとんど得られていないのが現状です

しかし,既存の法制度(労災保険,傷病手当,障害年金等)でも多数の方が様々な支援を受けられる可能性があります。 過度な仕事の負担による精神疾患や自殺についての 労災をはじめとした労働問題を中心的に取り扱ってきた弁護士に一度相談すべきです。