厚生労働省が発表している平成24年度の認定状況の資料によりますと,

認定の理由として多かったのは次の淳です。

  1. 仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった 59件
  2. (ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた 55件
  3. 悲惨な事故や災害の体験、目撃をした 51件

となります。

なお,推測になってしまいますが,実際に嫌がらせ,いじめ,暴行を主張した事案はこれよりはるかに多く,その大半が上司とのトラブルとしてカウントされているのではないかと思います。

 

次に,認定された事案の残業状況ですが,

認定件数475件の内

97件が20時間以下とされています。

また,20時間~40時間が25件

40時間~60時間が29件

60時間~80時間が32件

と80時間以下183件と認定件数の3割近く占めています。

 

労働時間別の認定率が発表されておらず,認定率については当然ながら80時間未満は相当低くなっているものと思われます。脳心臓疾患の場合は336件中60時間未満が0件,80時間未満が20件とされていることと比較すると,精神疾患の労災認定は労働時間以外の事情も柔軟に考慮されていることは間違いありません。

 

なお,この発表は労災を専門に取り扱っている弁護士の感覚とは若干齟齬がありますので,その点については,別途解説します。