労災保険制度を利用すれば,治療費は全額保険から出ますので,自己負担は0になります(労災とは関係のない病気や怪我については,休業補償給付を受けている期間でも通常通り治療費を支払う必要があります。)。

労災と認められた場合の手続きは2パターンあります。

まず,一般の病院の場合は,窓口では全額自己負担して定期的に治療費の請求書を医療機関に記入してもらい,労基署に請求し,労基署から立て替えた金額が振り込まれることになります。

一方,労災指定病院については,治療費の請求の手続きを医療機関の方でやってくれ,立替も必要ありません。

過去に,健康保険で治療を受けた分についても,労災である以上,全額労災として治療費が支給されます。休業補償給付の労災の認定が降りた段階で,利用していた健康保険組合に連絡し,健康保険組合から支払ってもらっていた7割分を返還した上で領収書をもらい過去のレセプト(治療費の明細)の写しと所定の請求書を添えて労基署に請求すると10割分が戻ってくることになります。